車の維持費には様々なものがある

自動車を買うと、所有しているだけで維持費がかかり続けることを忘れてはいけません。
車というものは、購入時にだけお金がかかるものではないのです。

 

車の維持費としては、保険料、自動車税、ガソリン代が主なものとなります。
自宅に駐車場がなく別の場所に借りる場合は、更に駐車場台も支払うことになります。
自動車の購入時にローンで契約をした場合は、毎月のローン代も必要です。

 

自動車の保険については強制加入の自賠責保険と、加入は自由となっている任意保険の2種類のものがあります。
任意保険は加入しなくても構わないのですが、自賠責保険だけでは万が一の事故の時に金銭的な保障が足りないことがほとんどなので、任意保険にも加入しておくことが一般的です。

 

ガソリン代は走行距離や車の大きさ、燃費により変わってきますが、車をよく使うのならばかなり大きな金額となるでしょう。
これらの維持費は自動車を所有している場合には、必ず支払い続けることになります。
更に消耗品の代金や車検代、高速道路の使用料など、不定期に支払うことになるものも多くあります。

 

自動車の購入を考える時には購入時の代金だけではなく、将来に渡る維持費のこともしっかりと予算に組み込んでおくことが大切です。

いろいろな車の維持費-車の維持費を見直そう関連ページ

維持費を積み立てる
ETC導入で維持費を抑える
ETCを正しく使う!